ブロック率のデッドライン

最近、お店に行くと

「友だち登録お願いします!」
「LINEで最新情報お届けします!」

といったポップを目にしませんか?

様々な店舗で活用されてるLINE公式アカウント
そんないいなら、うちでも…と導入したり、
導入を検討している方もいらっしゃると思います。

だけど、実際はじめてみると

「何を配信したらいいの?」
「すぐブロックされてしまう」
「機能は色々あるけど、使い方はわからない」

そんなお悩みでてきますよね。

LINE公式アカウントって
うまく活用すれば売上200%UPも
不可能ではないツールなんですが
(びっくりですよね!)
しっかり活用できてる方って
ほんの一握り。

このブログでは、
皆さんがLINE公式アカウントを
しっかり活用できるようになるための
様々な情報を発信しています!

 

過去の記事で、
公式LINEアカウントの集客方法や
様々活用方法をご紹介してきましたが、

みなさんは、
公式LINEのブロック率のデッドラインというものを
知っていますか?

すでに公式LINEアカウントを活用されてる方は
ぜひチェックしてみてください。

LINEアカウントのブロック率のデッドラインは
約30%と言われています。

あなたのアカウントは何%だったでしょうか?

30%というのは、目安であり、
全商材が同じなわけではありませんが
30%を超えていた場合は何らかの改善が必要です。

チェックポイントは

①メッセージの内容
②文章の長さ
③配信頻度

です。

この3つのポイントを確認して、
より効果的な運用を行っていきましょう。

 

①メッセージの内容

あなたは「ペルソナ」を意識した配信を行っていますか?

ペルソナとは本来の意味は「外界に対してつけている仮面」ですが
マーケティングの世界になると
「商品やサービスに設定するユーザー像」のことを
さします。

似た言葉で「ターゲット」があります。

両者の違いは設定するときの考え方が異なります。

ペルソナは自社の商品やサービスを使用してくれそうなユーザー像を
名前や年齢、職業、通勤時間、学歴、趣味、悩みなど
詳細に設定して作りこみます。

対してターゲットは、性別、年齢、居住地、消費動向などから
自社が消費行動を起こしてほしい
「実際に存在する集団」を設定します。

ペルソナを設定するメリットは、
人物像を詳細に作りこむことにより
ターゲット像の共通認識が持つことができ
社内の認識ズレを防げること。

またユーザー像を細かく想定する中で
市場調査や分析が重要なため、
設定するための調査過程で
ユーザーニーズの把握ができます。

ペルソナを設定することで、
ユーザー視点で戦略を
考えることができるのもメリットです。

そして、集団ではなく個人を想定して施策を検討できるため
マーケティング施策の方向性やコンセプトを固められ
効果的なアプローチが可能になります。

「ターゲット層全体になんとなく好まれそう」

という考えのものより、
具体的に個人を狙って作られたものの方が
訴求率は高いですよね。

つまり、LINEの配信では
「売りたい」「友だち増やしたい」といった目的の
メッセージばかりではなく

「ペルソナ」を設定し、そこに向けたメッセ―ジを
配信していく必要があります。

2回に1回は「売りたい!」の配信以外のメッセージを
ペルソナに向けて送ってくださいね。

 

②文章の長さ

伝えたいことが多すぎて、スクロールしないと
見えない長文になっていませんか?

以前の記事でもご紹介しましたが、
LINEの配信文字数は150文字~300文字がベストです。

文章は必ず1ページに収めましょう。

もっと伝えたいことがある場合は、
別ページにとぶリンクを貼ったり
動画や画像を追加で配信して、伝えて下さいね。

 

③配信頻度

週に何回も配信していませんか?
配信は多くても月10回です。

LINE公式アカウントと類似性のあるメールマガジンの調査をみると
「読まない理由」がわかります。

引用:Directus

1位:受信する本数が多すぎる
2位:内容が面白くない
3位:自分が欲しい情報が送られてこない

 

つまり、「配信頻度が多い」と返って読まれなくなってしまうんですね。
あなたの公式LINEアカウントの配信頻度はどれくらいですか?

一般的には「週1回程度」で配信していくのが
おススメと言われていますがコンテンツ内容や
読者の購読目的などによって異なります。

心配な方は無料相談も行ってますので
お気軽にお問合わせくださいね。

 

いかがでしたか?

今や日本の7割以上の方が利用しているLINE
機能も日々充実して、
利用者は増えていく一方です。

導入するなら今がチャンス!

しっかり活用して、集客に活かしてくださいね。
とはいっても

=========

日常の仕事が忙しくて
なかなか手が回らない…
自分で調べてもよくわからない!
ホントにうちのお店で効果あるの?

=========

そんな風に思う方もいますよね。

弊社ではLINE公式アカウントの
導入をサポートしています。

見積もりやご相談無料!

こちらから登録して、
気軽にお問合わせしてください。

pm.T株式会社代表
和田でした☺

↓↓

<今すぐ相談する>