LINE公式アカウントをマーケティングに使おう!

ネットを使った集客や販促は当たり前と言っても過言ではありません。

ただ、他社と同じことをしていても大きく数字を伸ばせないのが悩めるところです。

集客のためにただ闇雲にネット広告を利用しても、思うような効果を得られません。

そこで注目されているのが、一人ひとりのユーザーとのつながりを重視し、自社の商品やサービスファンになってもらうことを目指す、「LINE」を活用したマーケティングです。 

今回は、「LINE公式アカウント」のマーケティングについて紹介します。

LINE公式アカウントをマーケティングに使うべき理由

マーケティングにLINE公式アカウントを使うべき理由は8つあります。

1.LINE利用者が多い
2.アクティブ率が高い
3.pull型とpush型の両方で運用できる
4.マーケティングオートメーションを構築できる
5.多くのキャンペーンを一括で管理できる
6.広告が充実している

LINE利用者が多い

LINEの利用者が多いのが大きなメリットです。

国内月間利用者数8600万人
LINE|LINE Business Guide(最終閲覧日2021年8月16日)

これだけの人が日々LINEを使っているわけです。

そういった場所にマーケティング(広告など)を行えば、どれだけの人数に見てもらえるのかわかりますよね。

これだけ多くの人が利用しているツールなので、LINE広告を活用すべきだと思います。

 

アクティブ率が高い

LINEのもう1つの大きな特徴として、アクティブ率の高さにあります。

実はLINEユーザーはただ単に登録をしているのではなく、きちんとLINEを活用している傾向が強いのです。

日本人口の約68%(約8000万人)に相当しますから、すさまじい数字ですよね。

これだけ多くの人がLINEを毎日積極的使っているわけですから、LINEというツールが人々の生活にどれだけ浸透しているのかがよくわかります。

LINEにはそれだけ人の流れがある、つまりは人の目がつきやすくて注目をされやすいプラットフォームであるということです。

 

pull型とpush型の両方で運用できる

LINE公式アカウントをマーケティングに使えば、pull型とpush型の施策を両方できます。

具体的には以下のような施策を、LINE公式アカウント1つで行えるのです。

pull型 push型
リッチメニュー
LINE広告
Webセミナー
チャットでの応答
メッセージ配信
ステップ配信
動画配信
クーポンの配布  

そのため状況や目的によって、異なる施策を展開させることができます。

チャットでのメッセージ配信は無料ですので、コストをかけずに顧客にアプローチすることができます。

このように、LINE公式アカウントであれば状況によって施策を使い分けることができるのです。

 

マーケティングオートメーションを構築できる

マーケティングオートメーションとは簡単に言いますと、マーケティングを自動化するツールのことです。

そもそもLINE公式アカウントにはステップ配信機能や自動応答機能が備わっていますので、業務の効率化および集積の最大化を図ることが可能になります。

その際はステップ配信機能や自動応答を積極的に使ってくださいね。

 

多くの施策を一括で管理できる

LINE公式アカウントであれば、どの施策も一括管理することができます。

LINE公式アカウント1つでクーポン・ショップカードの作成、メッセージ・動画の一斉配信やセグメント配信、顧客への手動対応ができるのです。

1つのツールでここまで一括管理できるものはありませんでしたから、非常に便利です。

作業時間を大幅に節約できますよ。

 

広告が充実している

LINE公式アカウントは広告の出向先が豊富にあります。

具体的には以下の出稿先があります。

LINE広告の出稿先

1.トークリスト
2.LINE NEWS
3.LINE VOOM(旧タイムライン)
4.LINEマンガ
5.LINE BLOG
6.LINEポイント
7.LINEショッピング
8.LINE広告ネットワーク

 

1つのツールでこれだけの出向先があるのはとても魅力的。

例えばLINEマンガであれば若年層のユーザーが多く、LINEポイントクラブであれば高年齢がメインユーザーとなります。

そのためLINE公式アカウントであれば、自社がターゲットにしている人が多く活用している媒体に対して意図的に出稿することが可能なのです。

マーケティングを行う際、広告を基本戦術とするのであれば、ぜひLINE公式アカウントを使ってみてくださいね。

気になることやわからないことは、無料相談も行っているので気軽に相談くださいね!