開きたくなるタイトル

こんにちは!

LINEマーケティングコンサルタント
pm.T株式会社代表
和田貴志です。

突然ですが、あなたは
こんな悩みを抱えていませんか…

============

「送ったものの開封してもらえない…」

============

結論から言うと、メッセージを開いてもらうには
タイトルの付け方に工夫をする必要があります

そこで今回は…
読んでもらえるタイトルの付け方
4つのポイントをお伝えします。

必見の内容なので、ぜひ最後までご覧ください!

 

なぜ記事タイトルを重視するのか?

ユーザーがその記事を読むかどうか判断する時に
大きく影響するのが記事タイトルだからです。

タイトルは、記事の中でも一番最初に目にするものですよね。
そのため、一目見てどのような内容を
扱っているものなのかわかったり
どんな内容なのか気になったりするような
そんなタイトルである必要があります。

 

ポイント① 記号などで目立つ演出をする

タイトルでよく見られる記号といえば
「!」や「?」ですよね。
「!」を使うことによって文章を強調
「?」を使うことによってユーザーに共感を与える
そんな効果があります。

ただし、使いすぎると過剰なタイトルという印象を
ユーザーに与えて、読まれなくなるので注意が必要です。

また「【】や●」などの目立つ記号を活して
インパクトを出すことで
読者に気づいてもらいやすくなります。

例えば

「【衝撃スクープ】○○○○」
「【注目!】激やせしました」
「●●特集●● 売上ランキング」

といったような感じです。

記号がないよりも、
あったほうが目につきやすいですよね。

 

ポイント② 緊急性を持たせる

LINEは反応が非常に良いツールですが、
配信して開封されるまでは平均15分というデータがあります。

そこがピークで、LINEは配信してから時間が経つにつれて
他のメッセージに埋もれたり、開封するのが面倒になる
開封率が下がっていきます。

いかに早く開封してもらうかが勝負なので、
緊急性をだすというのは、非常に有効です。

例えば

「これで最後です」
「24時間限定です」など

早く読まないと利益を逃してしまう
または、損をしてしまうかも…と思うと、
とりあえず読んでおこうかなという
心理が働きますよ。

 

ポイント③ 情報の鮮度をアピールする

読者はメッセージをすぐ読むべきか、
後でもいいのかを届いたときに判断します。

ポイント②でもご紹介したように
「いかに早く開封してもらうか」が勝負なので
早く読んでもらうために
”情報の鮮度を訴求するもの”が効果的です。

例えば

「速報です!」
「本日解禁です!」など

 

ポイント④ 読者に問いかける

例えばですが

「話をおもしろくする方法」
「転職セミナーを開催します」
「必ず痩せるダイエットのすすめ」

というLINEタイトルのメッセージが送られてきます。

このままでも、もともと興味を持ってる方であれば
開封するかもしれません。

しかし、あまり興味のない人に開いてもらおうと
思った時、こうしてみるとどうでしょう?

「なぜあなたの話はつまらないのか?
「そろそろ本当にやりたいことにチャレンジしませんか?」
「理想のスタイルを手に入れて何をしたいですか?」

このように問いかけを入れて疑問を生むと、
人はその答えを知りたいと思います。

また、「~と思っていませんか?」と
相手が共感するようなメッセージも効果的です。

その際は、「○○さんは~」と名前を入れると
さらに開封率がアップします。

タイトルに名前を入れるのは
エルメなどのLINE拡張システムを利用すると行うことができますよ。
ただ、最近はLINE名で配信するのが普通になり、
反応も落ちてきていますので、
さらに踏み込んでアンケートなどで本名を取得し
LINE名の代わりに本名に変え、配信することがおすすめです!

 

まとめ

【タイトルの付け方】

①記号などで目立つ演出をする

②緊急性を持たせる

③情報の鮮度をアピールする

④読者に問いかける

上記の4点をしっかり抑えて、
「売れるLINE」を作っていきましょう。

「LINEについてもっと知りたい.」
あなたがそうお考えであれば
弊社のLINE公式アカウントでは
LINEやLmessage・LINEマーケティング
についてのどんな疑問にもお答えしています。

さらに今登録いただくと
豪華特典
プレゼント中!

ぜひ今すぐご登録ください▼▼